政府統計で見てもアベノミクスは貧困激増政策=実質賃金2年2カ月連続マイナス、先進諸国で日本だけ下がり続ける賃金、非正規率過去最大、役員賞与・配当・内部留保は急増し過去最高額

  • 2015/9/23
  • 政府統計で見てもアベノミクスは貧困激増政策=実質賃金2年2カ月連続マイナス、先進諸国で日本だけ下がり続ける賃金、非正規率過去最大、役員賞与・配当・内部留保は急増し過去最高額 はコメントを受け付けていません。

安倍政権が9月15日に閣議配布した2015年版「労働経済白書」。政府統計からもアベノミクスが庶民の暮らしを壊しながら「世界で一番企業が活躍しやすい国」づくりを着々とすすめていることが分かるグラフを紹介しておきます。(※以下のグラフはすべて2015年版「労働経済白書」に掲載されているものです)

下のグラフにあるように、2013年5月から実質賃金は下がり続けています。

厚生労働省が9月4日に発表した7月の毎月勤労統計調査(速報値)によると、実質賃金は前年同月に比べ0.3%上昇したとのことで、マスコミは「実質賃金2年3カ月ぶりプラス」と喜々として報道していますが、日刊ゲンダイが指摘しているように、ピーク時から賃金は月10万円以上も下がっていますし、9月下旬に公表される確報値で実質賃金がマイナスに転じる可能性もあります。そもそも7月がプラスになったとしても安倍政権下で2年2カ月連続の実質賃金マイナスであったことはかわりないのです。

そして下のグラフにあるように、「雇用者報酬が1998年以降で落ち込む中、年金等の社会給付が消費を下支えして」いるのです。こんな状況にあるのに、安倍政権はさらに「年金等の社会給付」をも削減しようとしているわけですから、庶民の暮らしをどこまで壊せば気がすむのかという感じです。

雇用者報酬が下がり続ける主因は、下のグラフにあるように、アベノミクスが非正規雇用率を過去最高にしてしまったからです。さらに、今国会で安倍政権が強行採決した「生涯派遣・正社員ゼロ」の労働者派遣法改悪が本格化すれば、どんな惨状が広がることになるかは目に見えています。

庶民の暮らしを破壊しながらアベノミクスがプラスにしたものは、下のグラフにあるように、「役員賞与・配当・内部留保」です。

国際比較を見ても、下のグラフにあるように、アメリカもヨーロッパ諸国も労働生産性の伸びに比例して雇用者報酬も伸びているのにもかかわらず、日本だけは労働生産性が伸びても雇用者報酬は下がるという異常な国になっているのです。

安倍政権がやっていることは、「貧困と格差」を拡大させているだけなのに、いまだにアベノミクスへの幻想がまかり通っているのは、NHKはじめマスコミ等へのドーピング的なプロパガンダの総動員と、大企業・富裕層天国が日本経済を良くするなどといういまだにあるトリクルダウン幻想の刷り込みなどの安倍政権の「上層社会統合」の成果だと思います。アベノミクスの成果は、じつはマスコミドーピングプロパガンダとトリクルダウン幻想の刷り込みがいまだに成功しているということなんだと思います。

▼参考
貧困拡大する政府・財界への抵抗を沈静化させ中下層の政治勢力化防ぐ「上層社会統合」=社会の上層・高所得層への「利益供与システム」=年収100億円の富裕層は年収100万円の貧困層より税・社会保険料負担が低い

井上 伸雑誌『KOKKO』編集者

投稿者プロフィール

月刊誌『経済』編集部、東京大学職員組合執行委員などをへて、現在、日本国家公務員労働組合連合会(略称=国公労連)中央執行委員、労働運動総合研究所(労働総研)労働者状態分析部会部員、福祉国家構想研究会事務局員、雑誌『KOKKO』(堀之内出版)編集者、国公一般ブログ「すくらむ」管理者。著書に、山家悠紀夫さんとの共著『消費税増税の大ウソ――「財政破綻」論の真実』(大月書店)がある。ここでは、行財政のあり方の問題や、労働組合運動についての発信とともに、雑誌編集者としてインタビューしている、さまざまな分野の研究者等の言説なども紹介します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 紹介してきた中野晃一上智大学教授へのインタビューの最後になります。 あわせて冒頭に中野先生が昨…
  2. 国公労連(日本国家公務員労働組合連合会)の機関誌として発行してきた『国公労調査時報』を9月から新雑誌…
  3. 私が企画・編集した座談会「生涯派遣・ブラック企業暴走の労働法制大改悪は許さない」(『国公労調査時報』…
  4. (※2014年9月23日にテレビ東京で放送された「ガイアの夜明け もう泣き寝入りしない!~立ち上がっ…

NEW

ページ上部へ戻る