2020年で一番読まれたツイートは国立感染症研究所の研究者(国公労連・全厚生の組合員)の指摘で140万人に読まれました

  • 2020/12/31
  • 2020年で一番読まれたツイートは国立感染症研究所の研究者(国公労連・全厚生の組合員)の指摘で140万人に読まれました はコメントを受け付けていません

2020年で自分のツイッターアカウントにおいて、インプレッション(ユーザーがツイッターでこのツイートを見た回数)が多かったベスト30になります。1位になったツイートは、国立感染症研究所の研究者5人(国公労連・全厚生の組合員)に3時間に渡ってお話を聴いたときのもので、3時間を140文字に凝縮したかいがありました。(みなさん、拡散へのご協力、ありがとうございました。m(__)m)(※以下、「順位」「インプレッション数」「ツイート」になります)

1
1,400,276

2
1,053,477

3
872,245

4
787,855

5
776,347

6
750,126

7
651,398

8
649,003

9
646,176

10
621,698

11
586,178

12
516,725

13
500,982

14
493,566

15
469,645

16
442,872

17
432,091

18
410,461

19
391,968

20
388,648

21
379,550

22
353,256

23
351,601

24
342,205

25
341,534

26
339,714

27
322,842

28
299,739

29
292,564

30
286,122

 

 

それから以下は、国公労連と国公一般のアカウントから私がツイートしたもので、インプレッション(ユーザーがツイッターでこのツイートを見た回数)が多かったベスト10になります。

1
495,583

2
290,914

3
270,145
https://twitter.com/kokkororen/status/1242763792947113985

4
161,879

5
142,082

6
140,424

7
122,361

8
103,008

9
90,785
https://twitter.com/kokkororen/status/1242653044849795077

10
84,776

 

井上 伸雑誌『KOKKO』編集者

投稿者プロフィール

月刊誌『経済』編集部、東京大学教職員組合執行委員などをへて、現在、日本国家公務員労働組合連合会(略称=国公労連)中央執行委員(教宣部長)、労働運動総合研究所(労働総研)理事、福祉国家構想研究会事務局員、雑誌『KOKKO』(堀之内出版)編集者、国公一般ブログ「すくらむ」管理者、日本機関紙協会常任理事(SNS担当)、「わたしの仕事8時間プロジェクト」(雇用共同アクションのSNSプロジェクト)メンバー。著書に、山家悠紀夫さんとの共著『消費税増税の大ウソ――「財政破綻」論の真実』(大月書店)があります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 国公労連は、#春闘2021 のハッシュタグを付けるなどしてツイッターでキャンペーンを展開中です。3月…
  2. 2020年で自分のツイッターアカウントにおいて、インプレッション(ユーザーがツイッターでこのツイート…
  3. 5月1日のメーデーで、国公労連と各単組本部は霞が関においてソーシャルディスタンスを確保しながらスタン…
  4. 京都総評
    2019年の自分のツイートのインプレッション(読まれた回数)を見てみました。15万以上読まれたのは以…
  5. コミュニティ・オーガナイジングで労働組合の再生へ(COJワークショップ参加者座談会) 雑誌『KOK…

NEW

ページ上部へ戻る