客観的データで証明された産経報道と警察発表の「8.30国会前デモ3万人」の大ウソ

一昨日アップした「12万人以上が参加していた8.30国会前デモ、信用失うのは現場取材せず報道する産経等マスコミの方」に寄せられたコメントで紹介いただいた8.30国会前デモの地図です。

上の地図の通り、8.30国会前デモの当日、財務省前や経産省前などにおいても多くの参加者によってデモが取り組まれていたとのことです。

それから、「生活の党と山本太郎となかまたち東京都第10区(豊島区全域・練馬区東部)衆議院議員予定候補者」のたがや亮さんがブログで、国会周辺の地下鉄駅で当日降りた人数を調べることで、8.30国会デモの地下鉄からの参加者数が7万4.189人であったことを明らかにしています。もうこの時点で、産経が報道している「3万2千人」や警察発表の「3万人」よりデモ参加者数が実際は2倍以上も多かったことが客観的データからも裏付けられたことになります。

加えて、たがや亮さんが調べた国会周辺の地下鉄駅には、データ開示を拒否した桜田門駅が入っていません。私の友人が桜田門駅から8.30国会前デモに当日参加していますが、桜田門駅からのデモ参加者も大勢いたと証言しています。

さらに、バスで参加した人や(バスを使っての参加の場合、路線バスだけでなく、貸し切りバスで参加した人達も大勢いました)、私たち国公労連などの労働組合はデモの前にJR新橋駅前などで宣伝行動(▼下の写真)を取り組んでから国会前デモに歩いて参加していますから、そうした参加者も地下鉄駅は利用していないのです。

というわけで、客観的なデータから見ても、産経の「3万2千人」と警察発表の「3万人」よりずっと多くの参加者が実際にあったことは明らかなのです。

井上 伸雑誌『KOKKO』編集者

投稿者プロフィール

月刊誌『経済』編集部、東京大学職員組合執行委員などをへて、現在、日本国家公務員労働組合連合会(略称=国公労連)中央執行委員、労働運動総合研究所(労働総研)労働者状態分析部会部員、福祉国家構想研究会事務局員、雑誌『KOKKO』(堀之内出版)編集者、国公一般ブログ「すくらむ」管理者。著書に、山家悠紀夫さんとの共著『消費税増税の大ウソ――「財政破綻」論の真実』(大月書店)がある。ここでは、行財政のあり方の問題や、労働組合運動についての発信とともに、雑誌編集者としてインタビューしている、さまざまな分野の研究者等の言説なども紹介します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 大岡 寧
    • 2015年 9月 08日

    「産経報道と警察発表の『8.30国会前デモ3万人』の大ウソ」は実に説得力があります。情報源を「警察関係者」などと無責任なクレジットを入れて「8.30国会前デモ3万人(3万3千人)」との情報を流し続けた大方のマス・メディアの無定見には呆れました。この国には、その名に値するジャーナリズムが定着するのは何時のことでしょうか。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 紹介してきた中野晃一上智大学教授へのインタビューの最後になります。 あわせて冒頭に中野先生が昨…
  2. 国公労連(日本国家公務員労働組合連合会)の機関誌として発行してきた『国公労調査時報』を9月から新雑誌…
  3. 私が企画・編集した座談会「生涯派遣・ブラック企業暴走の労働法制大改悪は許さない」(『国公労調査時報』…
  4. (※2014年9月23日にテレビ東京で放送された「ガイアの夜明け もう泣き寝入りしない!~立ち上がっ…

NEW

ページ上部へ戻る