「派遣会社の利益は労働者の涙」、労働者派遣法は正社員雇用の破壊・正規公務員リストラ・労働組合つぶしの特効薬

  • 2015/8/23
  • 「派遣会社の利益は労働者の涙」、労働者派遣法は正社員雇用の破壊・正規公務員リストラ・労働組合つぶしの特効薬 はコメントを受け付けていません。

(※2008年6月29日に書いた記事で、7年前と古いのですが、脇田滋龍谷大学教授のお話は今でも重要な指摘だと思いますので紹介します)

昨日(2008年6月28日)、全労働省労働組合結成50周年フォーラム「人間の尊厳をとりもどせ~今こそ『働くルール』の確立を」に参加しました。

企画のメインとして、「労働者使い捨て社会に立ち向かう」をテーマにシンポジウムが行われたのですが、なかでも脇田滋龍谷大学教授のお話が示唆に富むものでしたので要旨を紹介します。(※文責=井上伸)

「パンドラの箱」を開けた労働者派遣法
派遣労働で労働者の権利と労働組合そのものが壊れていく

労働者にとって1985年に重大な転機となる労働者派遣法ができました。派遣法ができれば、労働者がこれまで勝ち取ってきた労働法制や雇用保障、あるいは労働組合そのものが壊れると私は当時指摘してきましたが、いま現在の状況からも、派遣法はまさに「パンドラの箱」を開けたと言えるでしょう。

派遣法では、使用者側は一切痛みのない労働者解雇が可能になります。普通なら自分の会社の社員の首切りは痛みをある程度感じるものですが、派遣元に首を切らせればいいから、簡単に痛みのない解雇ができます。派遣はまさに労働基準法を形骸化させる仕組みとして機能しているのです。

日本政府は派遣を広げたいから、派遣に関する問題点が表に出る統計等も極力出さないわけで、そうしたことにも対するため、私は独自にホームページを開設し、数千件のメール相談を行ってきました。正社員一人の給与で派遣労働者が3~4人雇えるという派遣会社による“派遣の売り”に見られるように、「派遣会社の利益は労働者の涙」というのが実際のところです。

2006年に韓国では派遣法が改正され、正社員との差別是正を派遣労働者が労働委員会に訴えることが可能になっています。使用者の方にそれは差別ではないという立証責任があり、立証できなければ救済命令が出されます。

派遣は正社員雇用を壊す財界・大企業の特効薬

日本の場合は、派遣法に均等待遇という言葉もないし、差別是正という言葉もありません。こんな派遣法は世界に例がない最悪のものです。いつでも労働者の首を切れて、労働組合への組織も困難で、賃金は3分の1、4分の1、同一労働差別待遇無権利の雇用形態、これを国が作って拡大してきました。こんな国はどこにもありません。日本の派遣は、正社員雇用を壊す財界・大企業の特効薬として使われているのです。

労働組合つぶし、
労働者の団結破壊法として職場で機能する派遣法

ヨーロッパは、正社員と同等以上の待遇を派遣労働者に保障しています。そして、産業別労働組合のたたかいにより、企業間の格差は基本的にヨーロッパにはありません。日本は企業別組合で、大企業は賃金が高く、中小企業は賃金が低い。こうした「日本の常識」は「世界の非常識」なのです。こういう国で派遣が入ったらどうなるでしょうか? ヨコで同じ仕事をしていても、正社員と派遣社員は違って当然とみなされる「日本の常識」=「世界の非常識」である「差別待遇」が平気でまかりとおり、企業別正社員の労働組合もその企業の正社員ではない派遣労働者をヨコで同じ仕事をしていても仲間と見なさず、仲間と扱わないことが横行するので、結果として派遣法は労働組合つぶし、労働者の団結破壊法として現実の職場で機能することになるのです。

こうしたヨコで同じ仕事をしていても仲間と見なさず、仲間と扱わないことが横行する堕落した企業別の正社員労働組合は、一番恵まれた大企業正社員や正規公務員の組合員だけを守る利己的団体となっていくのです。このままでは労働組合の役割は果たせません。

企業別労働組合の国に派遣法を入れたのは、日本と韓国だけです。ヨーロッパでは企業を超えた「同一労働・同一待遇」、正社員の雇用を壊さないという大前提のもとに派遣はあるのです。

日本ではこの10年間で派遣労働者が4倍近く増えました。派遣をなくさないと労働者の権利・雇用は守れません。日本では派遣法自体の廃止が必要です。現在の韓国の労働組合の要求は「派遣廃止」なのです。

日本のような企業別正社員労働組合のままでは労働組合自体が消えていく、
韓国では企業別労働組合を解散し産業別労働組合めざす

1998年に派遣法ができた韓国では、いま非正規労働者が55%にまでなっています。日本と同じ企業別正社員労働組合でしたが、このままでは、日本のように労働組合自体が消えていくという認識のもと、労働組合の再生のために、ヨーロッパ的な産業別労働組合をめざしています。韓国の全国労組(民主労総など)は、企業別労働組合を自ら解散し、今年1月現在で90%が産業別労働組合化し、いま産別団体交渉を強力に推進しています。

日本において即ヨーロッパ的な産業別労働組合をめざすのは難しいかもしれませんが、韓国の場合は日本と同じ企業別労働組合でした。これを脱皮して産業別労働組合をめざしているのです。この韓国の例は、日本の労働組合にとってもモデルになるのではないでしょうか。

新しい連帯・運動で、労働組合のピンチをチャンスに変えよう

ピンチはチャンスです。企業側が企業別正社員労働組合の基盤をも崩して、派遣・非正規・貧困で苦しむ労働者を増大させているのです。

例えば、いま日本の派遣労働者は政府統計で300万人です。もし一つの労働組合をつくったら、巨大な力を持つ労働組合となる物質的な基盤は存在しているのです。あらゆるところに派遣されている300万人の労働者がストライキを打てば、すべてを止められるのではないでしょうか? 今までのような考え方の延長線では、労働組合はじり貧以外にありませんが、新しい労働者の連帯・運動、労働者全体を代表する運動を生み出していけば、労働組合のピンチをチャンスに変えられるのです。

▼いま派遣当事者への緊急アンケートを実施中です。ぜひ、ご協力ください。

【派遣労働者の皆様へ】★緊急アンケート★派遣で働く労働者の不安を国会議員にぶつけるためのアクション

 

▼関連記事

今でも世界最悪の日本の派遣労働 – 安倍政権が狙うさらなる改悪で生涯不安定・低賃金・正社員雇用は不要に

【派遣労働者の声1】部品扱い、餓死しかけた、父が亡くなっても忌引き休暇も香典もなし、3年ごとに蟻地獄へ突き落とす派遣法改悪は許せない

【派遣労働者の声2】「派遣法改悪で仕事・生活・命を奪わないでください」 – 派遣労働者の声聞かず政治は「派遣切り」進めるのか

【派遣労働者の声3】将来への不安、閉ざされる未来、派遣法は本当に癌だ、早死にできるよう病院に行くのをやめた

【派遣労働者の声4】派遣法改悪は3年ごとに必ずクビ切る人権侵害法案、派遣途中での「派遣切り」が横行しているのに派遣期間満了で次の仕事が安定的にあるなど幻想にすぎない

井上 伸雑誌『KOKKO』編集者

投稿者プロフィール

月刊誌『経済』編集部、東京大学職員組合執行委員などをへて、現在、日本国家公務員労働組合連合会(略称=国公労連)中央執行委員、労働運動総合研究所(労働総研)労働者状態分析部会部員、福祉国家構想研究会事務局員、雑誌『KOKKO』(堀之内出版)編集者、国公一般ブログ「すくらむ」管理者。著書に、山家悠紀夫さんとの共著『消費税増税の大ウソ――「財政破綻」論の真実』(大月書店)がある。ここでは、行財政のあり方の問題や、労働組合運動についての発信とともに、雑誌編集者としてインタビューしている、さまざまな分野の研究者等の言説なども紹介します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 安倍政権については、明石順平弁護士による「アベノミクスの『成果』を示すデータ集」と、伍賀一道金沢大学…
  2. 恒例の「データで見る!アベノミクスの6年間の実績」ですが、明石順平弁護士による「アベノミクスの『成果…
  3. 紹介してきた中野晃一上智大学教授へのインタビューの最後になります。 あわせて冒頭に中野先生が昨…
  4. 国公労連(日本国家公務員労働組合連合会)の機関誌として発行してきた『国公労調査時報』を9月から新雑誌…
  5. 私が企画・編集した座談会「生涯派遣・ブラック企業暴走の労働法制大改悪は許さない」(『国公労調査時報』…

NEW

ページ上部へ戻る