【派遣労働者の声3】将来への不安、閉ざされる未来、派遣法は本当に癌だ、早死にできるよう病院に行くのをやめた

  • 2015/8/5
  • 【派遣労働者の声3】将来への不安、閉ざされる未来、派遣法は本当に癌だ、早死にできるよう病院に行くのをやめた はコメントを受け付けていません。

(※2015年6月にアップした記事です)

これまでアップした「派遣労働者の声」の記事を読まれた方から声が寄せられていますので紹介します。

将来への不安、閉ざされる可能性、日本の雇用は本当に癌だ

30代 男性 正社員(日雇い派遣労働等の経験者)

【派遣労働者の声】を読んで、辛い思いをしている方がたくさんいる事を知り、悲しくなり、国の将来を憂いました。

私は就職氷河期の時に業務請負という名の派遣から抜け出したく転職活動し、なかなか正社員になれず一時は日雇い派遣のバイトも経験しましたが、その時の辛さは10年以上経った今も決して忘れません。

将来への不安、閉ざされる可能性、いちどレールを外れたら正社員になる機会がほとんどなくなってしまうこの国の雇用環境は、本当に癌だと思います。まずはどの会社にも正社員への門戸を常に開放する事を義務付け、その雇用に対し国が補助を出したりして促進し、一方で会社の派遣採用の数をさらすなどして反社会的なブラック企業を公表し、社会のチェック機能を構築するべきです。

やりたい事があって、どんなに努力しても機会がなければ、我々はどうやって幸福を追求することができますでしょうか。能力次第でいくらでも正規雇用で転職できる社会であって欲しい。

私は幸せにも偽装派遣を抜け出すことができましたが、周りの派遣社員、業務請負社員の方々の思いは忘れないよう、仕事をしていきたいと思います。

派遣という働き方は、企業における透明人間を作りだすのを促進するようなもの

30代 女性 CADオペ 現在の職場での派遣期間1年

何回も廃案になって安心していたのに今またなぜ?と思います。職種的に仕方なく派遣を選んでいるのですが、この先不安でたまらないです。派遣というくくりにおかれているだけでも不安なのに、3年という期限を切られたら死にたくなります。

派遣という働き方は、企業における透明人間を作りだすのを促進するようなものです。国は本当に雇用の実態を把握しているのでしょうか。

Q:なぜ回答してくれましたか?

今少しでもアクションを起こさないと本当にどうしようもなくなると思ったから。

3年でクビにされるのが目に見えてます

40代 女性 設計補助 現在の職場での派遣期間12年

なぜこんな法案が考えられたのでしょうか? すごく疑問です。3年後に派遣社員が正社員になれる確率なんて限りなくゼロです。切られるのが目に見えてます。この法案で守られるのは誰なんでしょうか?

新しい人を入れると企業側も一から教育しなければならないし、雇用される側も一からの環境になるし、双方メリットはほぼないと思います。

切られてから職が見つからず失業保険を貰う人が増えたり生活保護を貰う人が増えると国の支出も増えることになります。

何を守るための法案でしょうか?

仕事は増え給料は同じ、このままうちで雇うかはわからないと脅され
早死にできるよう、病院に行くのもやめました

30代 女性 流通 現在の職場での派遣期間3年目

同じ会社で働いていても、物扱い。

仕事ばかり増やされ、消費税が上がっても給料は同じ。
このままうちで雇うかはわからないと脅されることもある。
将来退職金も無く、年金も貰えない。
早死にできるよう、病院に行くのもやめました。
お金もないし。

どうせ改正するなら、正社員と同一賃金にするとか、真剣に考えて欲しい。

Q:なぜ回答してくれましたか?

誰もわかってくれないので、誰かが言わないと。
このままでは日本は潰れますね。

今回の派遣法改悪は「派遣切り」が増えるだけ

40代 女性 一般事務 現在の職場での派遣期間3カ月

3月までの職場は自由化業務で前任者と併せて3年の期限付きでした。前任者から私に変わる際に契約期間終了後は直接雇用という話でしたが、予算がないということで私は契約期間満了で終了となりました。後任は別の派遣会社と業務請負契約をし、新しく派遣社員を入れました。業務請負に変えれば派遣でいつまでも安く使い続けることができるから直接雇用がなくなったとあとから聞きました。3年という縛りがあってもこんな事例もあります。改正の際に罰則等を設けなければ雇う側は抜け道を見つけるだけだし、派遣切りが増えるだけだと思います。

グループ会社たらい回し

40代 女性 専門26業務以外の一般事務 現在の職場での派遣期間6年

同じ業務で6年派遣社員をしています。現行法でも3年ごとにグループ会社にまわされるので、法律上は問題ないようです。もうグループ会社が統合してまわされる先がないので、一度直接雇用の契約社員にしてから、試験を受けて、合格した人だけ無期の契約社員になれます。この前20人程受けて、2人しか受かりませんでした。法律をどのように変えても、企業は上手に安く人を使うものです。3年で確実にクビになるなら、業務の引き継ぎで有給がとれない、次の就職先を見つける時間がない状況になるのだけは困ります。3年ローテーションには業務引き継ぎなしを条件にしてほしいです。

――以上が派遣労働者の声の一部です。いま派遣当事者への緊急アンケートを実施中です。ぜひ、ご協力ください。

【派遣労働者の皆様へ】★緊急アンケート★派遣で働く労働者の不安を国会議員にぶつけるためのアクション

 

▼関連記事

今でも世界最悪の日本の派遣労働 – 安倍政権が狙うさらなる改悪で生涯不安定・低賃金・正社員雇用は不要に

【派遣労働者の声1】部品扱い、餓死しかけた、父が亡くなっても忌引き休暇も香典もなし、3年ごとに蟻地獄へ突き落とす派遣法改悪は許せない

【派遣労働者の声2】「派遣法改悪で仕事・生活・命を奪わないでください」 – 派遣労働者の声聞かず政治は「派遣切り」進めるのか

井上 伸雑誌『KOKKO』編集者

投稿者プロフィール

月刊誌『経済』編集部、東京大学職員組合執行委員などをへて、現在、日本国家公務員労働組合連合会(略称=国公労連)中央執行委員、労働運動総合研究所(労働総研)労働者状態分析部会部員、福祉国家構想研究会事務局員、雑誌『KOKKO』(堀之内出版)編集者、国公一般ブログ「すくらむ」管理者。著書に、山家悠紀夫さんとの共著『消費税増税の大ウソ――「財政破綻」論の真実』(大月書店)がある。ここでは、行財政のあり方の問題や、労働組合運動についての発信とともに、雑誌編集者としてインタビューしている、さまざまな分野の研究者等の言説なども紹介します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 安倍政権については、明石順平弁護士による「アベノミクスの『成果』を示すデータ集」と、伍賀一道金沢大学…
  2. 恒例の「データで見る!アベノミクスの6年間の実績」ですが、明石順平弁護士による「アベノミクスの『成果…
  3. 紹介してきた中野晃一上智大学教授へのインタビューの最後になります。 あわせて冒頭に中野先生が昨…
  4. 国公労連(日本国家公務員労働組合連合会)の機関誌として発行してきた『国公労調査時報』を9月から新雑誌…
  5. 私が企画・編集した座談会「生涯派遣・ブラック企業暴走の労働法制大改悪は許さない」(『国公労調査時報』…

NEW

ページ上部へ戻る