アベノミクスの失敗を客観データで証明する総務省「家計調査」=落ち込み続ける消費支出と激増するエンゲル係数、3年7カ月に渡って家計を破壊

  • 2016/8/30
  • アベノミクスの失敗を客観データで証明する総務省「家計調査」=落ち込み続ける消費支出と激増するエンゲル係数、3年7カ月に渡って家計を破壊 はコメントを受け付けていません。

総務省が7月の「家計調査」を発表しました。

 

消費支出
7月0.5%減 5カ月連続のマイナス
毎日新聞 2016年8月30日

総務省が30日発表した7月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は27万8067円で、物価変動を除いた実質で前年同月比0.5%減だった。マイナスは5カ月連続。自動車購入や衣料品などの不振が要因。

支出の内訳では、「交通・通信」が8.5%減。「被服および履物」が7.0%減だった。

自営業などを除いたサラリーマン世帯の消費支出は実質3.5%減の30万2422円で、3カ月連続の減少。実収入は1.8%減の57万4227円で2カ月ぶりの減少だった。(共同)

この総務省「家計調査」から、「消費支出」と、家計の支出に占める食費の割合を示し、高くなるほど生活は苦しいと言われる「エンゲル係数」の各年7月時点でグラフをつくってみたのが以下です。

下のグラフは、「二人以上の世帯」です。

下のグラフは、「二人以上の勤労者世帯」です。勤労者とは自営業者を除く労働者のことです。

「家計調査」の「消費水準指数」でグラフをつくっても同様の結果です。

2012年12月26日に発足した安倍政権。もうアベノミクスは3年7カ月になるわけですが、家計の消費支出は減り続け、削ることができない食費の割合=エンゲル係数が激増しているのです。安倍首相は相変わらず、「アベノミクスは道半ば」などと言っていますが、もうすでに3年7カ月も経過しているのですから、この総務省の「家計調査」のデータだけでもアベノミクスの失敗は明らかです。

井上 伸雑誌『KOKKO』編集者

投稿者プロフィール

月刊誌『経済』編集部、東京大学職員組合執行委員などをへて、現在、日本国家公務員労働組合連合会(略称=国公労連)中央執行委員、労働運動総合研究所(労働総研)労働者状態分析部会部員、福祉国家構想研究会事務局員、雑誌『KOKKO』(堀之内出版)編集者、国公一般ブログ「すくらむ」管理者。著書に、山家悠紀夫さんとの共著『消費税増税の大ウソ――「財政破綻」論の真実』(大月書店)がある。ここでは、行財政のあり方の問題や、労働組合運動についての発信とともに、雑誌編集者としてインタビューしている、さまざまな分野の研究者等の言説なども紹介します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 紹介してきた中野晃一上智大学教授へのインタビューの最後になります。 あわせて冒頭に中野先生が昨…
  2. 国公労連(日本国家公務員労働組合連合会)の機関誌として発行してきた『国公労調査時報』を9月から新雑誌…
  3. 私が企画・編集した座談会「生涯派遣・ブラック企業暴走の労働法制大改悪は許さない」(『国公労調査時報』…
  4. (※2014年9月23日にテレビ東京で放送された「ガイアの夜明け もう泣き寝入りしない!~立ち上がっ…

NEW

ページ上部へ戻る