21カ月連続で家計冷え込ませ日本経済を沈め続けるアベノミクス、貧困と格差の拡大は経済成長をも損ない1人あたりGDPは先進国20位へ大幅ダウン

  • 2016/2/15
  • 21カ月連続で家計冷え込ませ日本経済を沈め続けるアベノミクス、貧困と格差の拡大は経済成長をも損ない1人あたりGDPは先進国20位へ大幅ダウン はコメントを受け付けていません。

きょう、内閣府が2015年10-12月期のGDP(1次速報値)を公表しました。

上にあるように、2015年10~12月期の実質GDPの成長率は、マイナス0.4%で年率にしてマイナス1.4%。家計最終消費支出が実質でマイナス0.9%も落ち込んでいます。

この間の日本のGDPの推移を見てみるために、IMFの世界経済見通しデータベース(2015年10月)から、日本とアメリカのGDPを比較してみると下のグラフになります。海外メディアが「アベノミクスは失敗」「日本は不況に突入」と指摘するのも当然と言えるでしょう。

こうした状況にもかかわらず、安倍首相は参議院予算委員会(1月18日)で次のように発言しました。

この子供の貧困率ということについていえば、言わばこれは、先ほど申し上げましたように、どういう基準で計算をしているかということについては厚労大臣がお示しをさせていただいたわけでありますが、小池委員が、では日本が貧困かといえば、それは決してそんなことはないわけでありまして、言わば国民所得、そしてまたあるいは総生産を1人で割っていく1人当たりのGDP等でいえば、もちろん日本は世界の標準で見てかなりこれは裕福な国になると、こういうことではないかと思います。(国会議事録より)

日本の子どもの貧困率が先進主要国で最悪レベルにあることは、以前、「安倍昭恵氏「日本女性は一人で働く意識欠ける」→働けば働くほど貧困になるシングルマザー、直結する女性と子どもの貧困、ベビー服や絵本が国から届くフィンランドと衣食住不足し教育も医療も受けられない日本の子どもの貧困」で指摘していますので、ここでは、安倍首相の「総生産を1人で割っていく1人当たりのGDP等でいえば、もちろん日本は世界の標準で見てかなりこれは裕福な国になる」という点についてです。すでに、「アベノミクス、史上最低の経済政策確定=日本の1人当たりGDPが過去最低のOECD20位、民主党政権時から2割以上落ち込む(2014年)」でも紹介していますが、この点についてもここでは、IMFの世界経済見通しデータベース(2015年10月)から下のようにグラフをつくってみました。

上のグラフにあるように、アベノミクスで1人当たりのGDPも大きく落ち込んでOECDで20位になってしまっています。

上のグラフは、総務省「家計調査報告」の直近(1月29日)ですが、21カ月連続で家計の消費支出は落ち込んだままです。

上にあるように、OECDすらも、貧困と所得格差が経済成長を損なうと指摘していますが、今の日本は、まさに貧困を深刻化させているアベノミクスが経済をも沈没させているというのがリアルな実態だと思います。

井上 伸雑誌『KOKKO』編集者

投稿者プロフィール

月刊誌『経済』編集部、東京大学職員組合執行委員などをへて、現在、日本国家公務員労働組合連合会(略称=国公労連)中央執行委員、労働運動総合研究所(労働総研)労働者状態分析部会部員、福祉国家構想研究会事務局員、雑誌『KOKKO』(堀之内出版)編集者、国公一般ブログ「すくらむ」管理者。著書に、山家悠紀夫さんとの共著『消費税増税の大ウソ――「財政破綻」論の真実』(大月書店)がある。ここでは、行財政のあり方の問題や、労働組合運動についての発信とともに、雑誌編集者としてインタビューしている、さまざまな分野の研究者等の言説なども紹介します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 安倍政権については、明石順平弁護士による「アベノミクスの『成果』を示すデータ集」と、伍賀一道金沢大学…
  2. 恒例の「データで見る!アベノミクスの6年間の実績」ですが、明石順平弁護士による「アベノミクスの『成果…
  3. 紹介してきた中野晃一上智大学教授へのインタビューの最後になります。 あわせて冒頭に中野先生が昨…
  4. 国公労連(日本国家公務員労働組合連合会)の機関誌として発行してきた『国公労調査時報』を9月から新雑誌…
  5. 私が企画・編集した座談会「生涯派遣・ブラック企業暴走の労働法制大改悪は許さない」(『国公労調査時報』…

NEW

ページ上部へ戻る