アベノミクスで史上最低に落ち込んだ家計支出=リーマンショックの1.6倍のマイナス、20歳代の半数が貯蓄ゼロ、2014年度GDPマイナス、一方オリックス宮内氏の役員報酬は52億円アップ

▼下の表は、内閣府の「国民経済計算(GDP統計)」の「GDPの実質成長率(対前年度比)」です。

▲上の表を見て分かる通り、2014年度の実質成長率はマイナス0.9%です。直近データとなる2015年4―6月期(2次速報値)もGDPマイナス0.3%、家計最終消費支出マイナス0.7%と今年度に入ってからもマイナス成長が続いています。

▲上の表で注目すべきは、2014年度の「家計最終消費支出」がマイナス3.3%とこの20年で最も落ち込んでいる点です。内閣府の統計は20年以上前では統計の取り方が変更されたため、比較できる統計はこの直近20年間になります。そうすると、▲上の表にあるように、リーマンショック時の2008年度「家計最終消費支出」マイナス2%と、1997年度の消費税増税時(消費税率3%から5%へのアップ時)の「家計最終消費支出」マイナス1%よりも、2014年度のマイナス3.3%は異常に高い数字です。なんとリーマンショック時の1.65倍、1997年度時の3倍という大幅な落ち込みになっています。統計上、史上最低の家計支出にしたのがアベノミクスということになるのです。

それから、いまの安倍政権は2012年12月26日に発足していますから、2013年度の数字も▲上の表で確認すると、GDPは2013年度はプラス2.1%となっていますが、民主党政権下の2010年度の3.5%の方が高かったのです。

また、▼下の表ににあるように、直近四半期の実額(同じく内閣府「国民経済計算(GDP統計)」)で見ても、安倍政権による2014年4月からの消費税増税以来、「家計最終支出」の低迷が続いていることが明確に分かります。

安倍首相は、いまだに「緩やかな回復基調が続いている」(8月26日、月例経済報告等に関する関係閣僚会議での発言)とか、『経済財政白書』(8月14日発表)で「経済の好循環が進展」しているなどと強弁していますが、まったくの大ウソであることが分かります。

では何が「好循環」しているかというと、「役員報酬」です。東京商工リサーチが9月7日に「役員報酬1億円以上開示企業」調査(2015年3月期決算上場企業 最終確定)を発表しています。

役員報酬1億円以上が史上最多413人
トップはオリックス宮内義彦元代表執行役会長(現シニア・チェアマン)の54億7,000万円

2015年3月期で役員報酬1億円以上を受け取った役員の個別開示をしたのは212社、人数で413人となった。2010年3月期から開示制度が開始されたが、初めて社数で200社、人数で400人を超え、2014年3月期の役員報酬開示(社数191社、361人)に対して社数で21社、人数で52人上回った。役員報酬額の最高は総合リースのオリックス(株)(東証1部、東京都港区)宮内義彦元代表執行役会長(現シニア・チェアマン)の54億7,000万円。

東京商工リサーチ(9月7日)「役員報酬1億円以上開示企業」調査(2015年3月期決算上場企業 最終確定)より】

 

そして、下のグラフは貯蓄ゼロの単身世帯を年齢別に見たものです(金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」2014年11月)。20歳代は47.4%とほぼ半数が貯蓄ゼロと史上最悪になっているのです(全体は38.9%)。

ニューヨークタイムスも安倍政権が「貯金箱を壊す」と報道

このことは、ニューヨークタイムス紙も安倍政権が若い世代の雇用を劣化させたことで、未婚の成人の約40%は貯蓄ゼロになり、家族を持つ世帯でも30%が貯蓄ゼロで、それぞれ10年前から約10ポイント低下して、日本全体の貯蓄率が初めてマイナス1.3%まで低下したと下のグラフを掲載しながら安倍政権が「貯金箱を壊す」と報道しています。

以上、見て来たように、安倍首相の言う「経済の好循環」というのは、大企業役員や富裕層の儲けが増えているという意味ですし、安倍首相の言う「回復基調」というのは、大企業役員や富裕層の儲けが回復(回復どころか史上最高ですが)しているという意味です。そして、客観的な経済データを見ても、家計は史上最悪に落ち込み、日本経済はマイナス成長になっているのですから、アベノミクスの失敗は明らかです。そして、この上に消費税の連続増税など正気の沙汰でないことも明白なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

井上 伸月刊誌『KOKKO』編集者

投稿者プロフィール

月刊誌『経済』編集部、東京大学職員組合執行委員などをへて、現在、日本国家公務員労働組合連合会(略称=国公労連)本部書記、国家公務員一般労働組合(国公一般)執行委員、労働運動総合研究所(労働総研)労働者状態分析部会部員、月刊誌『KOKKO』(堀之内出版)編集者、国公一般ブログ「すくらむ」管理者。著書に、山家悠紀夫さんとの共著『消費税増税の大ウソ――「財政破綻」論の真実』(大月書店)がある。ここでは、行財政のあり方の問題や、労働組合運動についての発信とともに、雑誌編集者としてインタビューしている、さまざまな分野の研究者等の言説なども紹介します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • R
    • 2015年 9月 12日

    それから、いまの安倍政権は2012年年12月26日に発足していますから、2012年の数字も▲上の表で確認すると、GDPは2012年度はプラス2.1%となっていますが、民主党政権下の2010年度の3.5%の方が高かったのです。

    2012年12月26日

    2013年度

    誤字

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. 紹介してきた中野晃一上智大学教授へのインタビューの最後になります。 あわせて冒頭に中野先生が昨…
  2. 国公労連(日本国家公務員労働組合連合会)の機関誌として発行してきた『国公労調査時報』を9月から新雑誌…
  3. 私が企画・編集した座談会「生涯派遣・ブラック企業暴走の労働法制大改悪は許さない」(『国公労調査時報』…
  4. (※2014年9月23日にテレビ東京で放送された「ガイアの夜明け もう泣き寝入りしない!~立ち上がっ…

ピックアップ記事

  1. 2015-8-16

    〈安倍70年談話〉アメリカに尽くすことのバーターとして許された範囲内の歴史修正主義、念頭にないアジア諸国との和解◆DV男のような安倍政権のシナリオつぶそう|中野晃一上智大学教授

    紹介してきた中野晃一上智大学教授へのインタビューの最後になります。 あわせて冒頭に中野先生が昨…
  2. 2015-8-10

    新雑誌『KOKKO(こっこう)』(堀之内出版)9月創刊!★〈特集〉官製ワーキングプア

    国公労連(日本国家公務員労働組合連合会)の機関誌として発行してきた『国公労調査時報』を9月から新雑誌…
  3. 2015-8-5

    今でも世界最悪の日本の派遣労働 – 安倍政権が狙うさらなる改悪で生涯不安定・低賃金・正社員雇用は不要に

    私が企画・編集した座談会「生涯派遣・ブラック企業暴走の労働法制大改悪は許さない」(『国公労調査時報』…
ページ上部へ戻る