アベノミクス新3本の過去最高記録=非正規雇用初の4割・内部留保354兆円・ワーキングプア1,140万人、日本は世界最悪の非正規差別大国

  • 2015/11/5
  • アベノミクス新3本の過去最高記録=非正規雇用初の4割・内部留保354兆円・ワーキングプア1,140万人、日本は世界最悪の非正規差別大国 はコメントを受け付けていません。

朝日新聞の報道です。

非正社員、初の4割 雇用側「賃金の節約」 厚労省調査
朝日新聞 2015年11月4日21時14分

厚生労働省が4日発表した2014年の「就業形態の多様化に関する総合実態調査」で、パートや派遣などの非正社員が労働者にしめる割合が初めて4割に達した。高齢世代が定年を迎えて正社員が減るなか、人件費を抑えたい企業が非正社員で労働力を補っている実態が浮き彫りになった。

 

それから、毎日新聞の報道です。

けいざい・因数分解:354兆円 14年度の企業の内部留保 使途、政府と綱引き
毎日新聞 2015年11月01日 東京朝刊

企業が稼いだ利益の積み重ねである「内部留保」が増え続けている。財務省が9月に発表した2014年度の法人企業統計によると、14年度の内部留保は前年度から約26兆円増(8・0%増)の354兆3774億円(金融・保険業を除く)となり、過去最高を記録した。

 

上記の2つの関係は、企業が「賃金の節約」のために非正規雇用を4割にまで上げて内部留保を積み増したという分かりやすいものです。

そして、以前「アベノミクスの2年で報酬1億円以上の役員は1.4倍増えワーキングプアは49.2万人増加、2014年民間給与の増加は消費税増税分にも遙か及ばず」というエントリーの際に作ったグラフです。かくして働く貧困層は増大していくわけです。

国際比較のデータも紹介しておくと、OECDの直近データで、以下は15~29歳の就業者に占めるパートタイム就業者の割合です。この統計はフルタイム就業者とパートタイム就業者の2つに分けてのデータなので、日本の49%は非正規労働者と同義になります。日本よりオランダとデンマークの割合が高くなっていますが、すでに「オランダのフレキシキュリティは「同一労働・同一待遇」と社会保障拡充で雇用不安のない社会めざすもの、竹中平蔵パソナ会長の「オランダ見習うべき」は底辺への競争による雇用破壊にすぎない」や、「デンマークの「解雇自由」「フレキシキュリティ」を支える組織率87%の労働組合、「正社員の解雇自由で日本はハッピー」とする竹中平蔵パソナ会長の暴論」で紹介したように、オランダやデンマークは日本の激しい差別構造に置かれるパートタイム就業者とはまったく異なりますので、ただただ日本は世界最悪の非正規差別大国なのだと思います。

井上 伸雑誌『KOKKO』編集者

投稿者プロフィール

月刊誌『経済』編集部、東京大学職員組合執行委員などをへて、現在、日本国家公務員労働組合連合会(略称=国公労連)中央執行委員、労働運動総合研究所(労働総研)労働者状態分析部会部員、福祉国家構想研究会事務局員、雑誌『KOKKO』(堀之内出版)編集者、国公一般ブログ「すくらむ」管理者。著書に、山家悠紀夫さんとの共著『消費税増税の大ウソ――「財政破綻」論の真実』(大月書店)がある。ここでは、行財政のあり方の問題や、労働組合運動についての発信とともに、雑誌編集者としてインタビューしている、さまざまな分野の研究者等の言説なども紹介します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 紹介してきた中野晃一上智大学教授へのインタビューの最後になります。 あわせて冒頭に中野先生が昨…
  2. 国公労連(日本国家公務員労働組合連合会)の機関誌として発行してきた『国公労調査時報』を9月から新雑誌…
  3. 私が企画・編集した座談会「生涯派遣・ブラック企業暴走の労働法制大改悪は許さない」(『国公労調査時報』…
  4. (※2014年9月23日にテレビ東京で放送された「ガイアの夜明け もう泣き寝入りしない!~立ち上がっ…

NEW

ページ上部へ戻る